ホーム 最新号 ニュース&イベント 歴史人ブログ バックナンバー 別冊&書籍 歴史人特集通販
最新4月号
「真田幸村vs徳川家康」
ラインナップ

絶賛発売中!
「戦国武将の全国勢力変遷」ラインナップ

腕時計王
KKベストセラーズオンライン
 
『歴史人3月号』P111の熱田神宮の写真のキャプションに誤りがございました。

(誤)

・熱田区新宮町に鎮座している。
・写真/福岡市博物館

(正)

・熱田区神宮に鎮座している。
・写真/フォトライブラリー

読者の皆様ならびに関係各位にお詫びいたしますとともに、訂正させていただきます。『歴史人3月号』P111の熱田神宮の写真のキャプションに誤りがございました。


戦前の大阪・道頓堀をCG再現!

 

大阪の文化、歴史、都市景観の変遷について調査・研究を

行っている関西大学大阪都市遺産研究センターが、

芝居町として賑わった大正から昭和初期の大阪・道頓堀をCG映像化し、

話題を集めている。




CG制作されたのは、道頓堀約500メートル、

戎橋筋(えびすばしすじ)から堺筋(さかいすじ)にかけての道だ。

伝説のカフェや道頓堀五座(浪花座、中座、角座、朝日座、弁天座)、

川側に立ち並ぶ芝居茶屋など、

世界有数の大都市として賑わっていた

当時の道頓堀界隈を緻密に再現している。

CG映像は、静止画のほかに、動画も公開されており、

まるで当時にタイムスリップしたかのような気分が味わえる。


同センターでは、「都市遺産アーカイブズ」の構築を目指し、

今後もさらなる映像制作が行われる。


「商都」・「水都」として栄えた江戸時代、

工業都市化した明治維新後、

その繁栄ぶりから「大大阪」と呼ばれた昭和初期。

時代とともに様々な役割を担ってきた大阪の文化、

景観の変遷を臨場感たっぷりのCG映像で見られる日も近いだろう。



大阪都市遺産研究センター可視化チーム

http://www.kansai-u.ac.jp/Museum/osaka-toshi/visual.html



 


NHK大河ドラマ『花燃ゆ』がもっと面白くなる幕末ガイド『乙女の松下村塾』 [02/05]