ホーム 最新号 ニュース&イベント 歴史人ブログ バックナンバー 別冊&書籍 歴史人特集通販
最新12月号
「154年目の真実 幕末維新の騒乱と戦争」

絶賛発売中!歴史人別冊
【世界史人】 完全保存版
「ローマ帝国の繁栄と滅亡の真相」

腕時計王
KKベストセラーズオンライン

2014年10号「戦国武将総選挙」(70~73ページ)におきまして、以下のクレジットが欠落しておりました。
イラスト/岩元辰郎
文/安田清人(三猿舎)
………………………………
2014年9月号「かわら版」(145ページ)の記事中に誤りがございました。
関係各位ならび読者の皆様にお詫びいたしますとともに、ここに訂正させて頂きます。
誤:『ジブリの立体建物展』
正:『ジブリの立体建造物展』
ラピュタ城の制作資料や油屋のミニチュアなどが展示されます。
世界史人別冊「ヒトラーとナチスの真実」P3にて、以下のクレジットが欠落しており ました。
(正)校正アドバイザー/白石光
世界史人別冊「ヒトラーとナチスの真実」P55のキャプションにて、誤りがございました。
(誤)ヒトラーの恋人エヴァ・ブラウン
(正)ナチス協力者のレニ・リーフェンシュタール
関係各位ならび読者の皆様にお詫びいたしますとともに、ここに訂正させて頂きます。


童門冬二著「黒田官兵衛 知と情の軍師」が刊行

戦国乱世に異彩を放ち続けた天才軍師・黒田官兵衛の
知られざる実像に迫った一冊「黒田官兵衛 知と情の軍師」
(童門冬二著)が発売された。

信長、秀吉、家康を唸らせた武将として知られる黒田官兵衛。
しかし本書に登場する官兵衛は、これまでの官兵衛像とは少し趣きを異にしている。

官兵衛の本質を「誠実の人」とする本書。
生き馬の目を抜くような戦国の世において、
最後に人を動かすのは嘘のない誠の心とその姿勢を貫くことで、
それが官兵衛だったという。

有岡城での幽閉、中国大返しでの交渉術、
そして関ヶ原合戦における一見不可解な行動なども、
著者の視点で見直すと新たな発見がある。

歴史書としてはもちろん、
組織社会で生きる現代人にヒントを与えてくれるビジネス書として、
さらには来年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」をもっと楽しむための
参考書としてもオススメの一冊だ。

●著者/童門冬二
●発売/時事通信社
●定価/1600円+税
●体裁/四六判256ページ
 

NEW!
歴メン吉岡淳プロデュース
『新選組パワースト-ンブレス』が新登場!
[11/20]